【ジョギングをする効果的な時間】は、食事をとってから2~3時間後が理想的だと言われています。

 

どうしてか?その理由は、

 

第1に、人間の体は、糖質が不足すると「めまい」や「立ちくらみ」を起こしてしまう恐れがあって、とても危険です。
ですから、空腹の時のジョギングは避けましょう。

 

第2に、食事をとったすぐ後は「吐き気」をもよおしやすいので避けましょう。このような経験は既にある人も多いはずですが、胃の中に食物が残った状態で走ると胃が振動して気持ちが悪くなりますよね。

 

ですから、
【ジョギングをする効果的な時間】は、やはり、「食後2~3時間後」が理想的だと言われているのです。

 

そして、【ジョギングをする効果的な時間】で、最も避けてほしい時間帯は、深夜です。

 

特に、「女性の方」や「年配の方」は、「暗い夜道をひとりでジョギングする」なんて、決しておすすめできません。
暗くて人通りの少ない道は、足元が危険でケガをする可能性が高く、犯罪に巻き込まれる恐れもあります。

 

【ジョギングをする効果的な時間】には、まず「安全」で、「安心」な明るい時間帯を選びましょう。